Item Info

July 22, 2022

シャツのボタンについて

暑い日が続きます。スーツ愛好家にとっては厳しい季節ですが、この時期はシャツへの注目度が上がります。当店でもオーダーシャツを扱っておりますが、特に夏場はリネン素材が人気で私自身よく着用しています。これからのご注文ですとお渡しはお盆休み明けになりますが、夏場は長く続きますし来年分を先取りするつもりでいかがでしょうか。

さて今回はシャツのボタンについてお話しいたします。

シャツのボタンも、スーツと同様に天然素材と人工素材に分かれますが、天然素材の代表格が「貝ボタン」です。白蝶貝や黒蝶貝もありますが、着用してきた経験上いちばんお勧めしたいのが厚めの「高瀬貝」(サザエ科に属するらしいです)。普通のデザインのドレスシャツなフロントに6~7個のボタンがついていて、着脱の度にそれを触ることになります。スーツの上衣(シングル)ではフロントの留めるボタンはたいてい1個、しかも留めないことも多いので、ボタンに触れる機会は格段にシャツのほうが多くなります。その際の触感はとても重要で、オプション扱いのため550円のアップになってしまいますが、標準のプラスチック(ポリエステル)製のボタン別格の心地良さを味わっていただけると思います。

左:3.5㎜  右:4.0㎜

また厚さも重要で、ある程度の厚さがあったほうが留めやすいですし、クリーニング等に出される際の損傷のリスクも低くなります。具体的には3.5mmがベストではないかと考えます。3.5mmと4.0㎜を比較しますと、形状も異なりますがかなり差があります。3.5mmは縫い糸への負荷も考慮した形状になっており、耐久性も含めてお勧めしたいところです。

スーツのボタンでも本水牛などの天然素材をお勧めしておりますが、シャツではそれ以上にメリットを感じていただけると思います。

Contact